速読に「頭の良さ」はいらない

速読に「頭の良さ」はいらない

以前の私は、速読に対して次のようなイメージを持っていました。

「写真を撮るように、パラパラとめくるだけで1冊読める」

しかしこれは、メディアの過剰広告によって生まれた、誤った認識です。

速読は、そこまで突出したスキルというわけではなく、訓練すれば誰でも再現できる、言わばライフハックのようなものなのです。

最新脳トレ!
マインドフルネス脳トレ速読
公式ホームページへ

速読の必要性を考える

もちろん、今の私であれば、パラ読み→記憶という動作に関して「できない」と明言することもありません。

理論上、トレーニング次第では、そういった能力を発揮することもできるでしょう。

ただ、そもそも本当にそこまで速く読む必要があるのでしょうか。

速読の目的とは、ただ本を速く読むことではなく、得た知識をどう活かすか、このサイクルの効率を高めるためのものです。

また、速読は、脳科学の権威など頭の良い人の特権というイメージが世間に浸透しています。

しかし、実際やっていることといえば、文字を速く読んで処理すること。

普段何気なく行っている「読む」という動作について、シンプルに速さを突き詰めれば良いだけなのです。

速読の再現性を知ること

ベンチプレス100キロ上げれる!

100メートルを10秒で走れる!

たとえスポーツを経験していなくても、これらの記録は凄いことが一発で理解できると思います。

なぜならその境地に至るまで、弛まぬ訓練を継続して、何回も自分の限界を越える必要があるからです。

では、「1秒間に50文字読める!」この記録であればどうでしょう?

速読についてあまり詳しくない人からすれば、頭の良い人、特殊な訓練を続けた人という印象を持つかもしれません。

とはいえ、文字を読むことは「誰にでもできること」です。

また速読というスキルは、スポーツの世界ほど才能に左右されず、やればやるほど伸びていきます。

自分には無理そうだからと最初から諦めずに、速読は再現性が高く「やった者勝ちの世界」であることを覚えておきましょう!

最新脳トレ!
マインドフルネス脳トレ速読
公式ホームページへ
TOPページを見る